• 天塩岳の西側は天塩川流域であり、東側は渚滑川流域である。以前天塩川を遡行したので、いつか東側からと思っていた。諸事情により、遠出はできないので、比較的近場で!ということで今回計画することにした。がしかし…渚滑川…Y的にはスッキリしない。まずはこの当て字だ!これを『ショコツ』と読ませるには無理があると思う。(不スッキリ1)さらに…地形図を辿ると清瀬橋らへんに『渚滑川』の表記がある。その後、南の川(右岸)、五... 続きを読む
  • 毎週末、休みの日は登山…となると、山以外のところへはなかなか行けない。地球温暖化が叫ばれて久しい…昨年、浮島湿原を訪れた。約20年振りくらいの再訪だった。記憶は曖昧だが…こんな草原だったっけ?と思った。浮島を見つけるのが大変なくらい…これは急がないと湿原なんてなくなる!ってことで、今年は、美深の松山湿原を訪れることにした。▲松山湿原美深からまずは仁宇布へ向かい、さらに道々49号を雄武へと東進する。約3kmで松... 続きを読む
  • 以前から布部川の滝めぐりをしたいと思っていた。提案してみたら、あっという間に賛同者が集まり、即決行となった。▲布部川本流から原始ケ原Y、他6名鈍よりと冴えない空模様…めげずに元気に出発!とりあえず分岐を滝Cへ入り、間もなく入渓巨岩ゴロゴロのワイルドな渓相だまずは一つ目。不動の滝右岸脇には謎の洞窟?左岸から一段目のステージにまず上がる。滝裏に入れるようだ。容易に右上に抜けられる!右岸壁からの細い滝などを... 続きを読む
  • 昨日はことごとく林道に嫌われ、夏道トムラウシ…軽く熱中症にやられ…なので、今日は早起きは無理!近場でしかも短く!ってことで浮島トンネルへ▲渚滑川五十九線沢遡行なかなか良い渓相なのだが…金網デスマッチが痛い↓何の変哲もない小滝なのだが…やたらとヌメル↓ ラバー泣かせ↓右岸から、だましだましいく。これを通過するとラバーがきいてくる!680でくの字の小滝…帰り、ここで楽しもう!その後は段差程度のものと小釜が続く…720... 続きを読む
  • 次々と林道に阻まれ…思案…そうこうするうちにグングンと青空へピーカーーン! 登らにゃ損!な天気ここまで来たら、トムラウシ短縮コースしかない!って来てみたら、駐車場がヤバイ↓ざーっと60台はある。なんとか片隅に…スタートが既に8時過ぎ…ここの標準タイムってどれくらいだっけ?とりあえず、急ごう!行けるとこまで温泉コースとの合流点地形図の地点よりも50m強西側にある。ってことは、登山道もずれてるということだな…なん... 続きを読む
  • 2018.7.28鹿追・新得らへんは昨夜雨が降った。今朝は霧雨&ガス↓晴れる予報を信じて十勝川沿いに道道718号を北上する。▲ニペソツ川左岸林道富良牛地区からニペソツ川沿左岸林道へと右にはいると…約3.8kmで積載された木材が崩れ、道路を塞いでいて進めない。▲十勝川左岸林道(トノカリ)曙橋から西へ進むと…・518 殿狩橋手前約100m地点で、小さな枝沢に架かる橋が消失していて進めない。▲トムラウシ西沢、トムラウシ川(地獄谷)へ向... 続きを読む
  • 今年の初沢。手頃な沢はないかと物色。札幌の方達となので…てことでここに決定!源頭からは刈分けもあるということだし…▲丹鳴川から丹鳴岳(1039.5m)・支笏湖西部 ※三等三角点『丹鳴岳』 H氏、M氏と3人。ラバー1、フェルト2。自宅を3:30に出発。Yにしては驚異的な時間だ…普段いくら早くても5:00が限界だからだ 笑国道276号で千歳から支笏湖へと向かうと道路が混んでくる↓湖西端で道道76号へと右折する。美笛キャンプ場への誘導路... 続きを読む
  • ▲カルルス山(1075m)~来馬岳(1040.1m)~化物山(1077m)~オロフレ山(1240.7m) /オロフレ峠単独オロフレ峠駐車場から今きた道路の反対側に登山口を発見!あの白いのがそうに違いない。ひと登りして、振り返る。駐車場がなんとか見える程度↓天気予報見て、この地域を選んだんだけどな~↓↓谷の左岸下方に登ってきた国道が微かに見える。・1012を超えるとなんと雨!急げーーー!ここまで30分強!めずらしくとばした!! 笑まだまだ雲... 続きを読む
  • 前夜どうせ明日はだめだべ~↓ とビールからの芋を2杯、3杯…何気にtenki.jpを見ると…あらっ傘マークが消えている!やられた~↓慌てて準備。がしかし、ちょっと飲み過ぎた↓▲芦別岳(1726m)~新道C往復朝起きると空が青い…が、すぐには動けず…なんだかんだで10回目(多分!?)の芦別岳へと向かう。もちろん単独。国道から新道登山口へ向かう途中から電線をきらっているうちに近づきすぎた↓ まったく鋭さがない↓↓登山届を見ると昨日は... 続きを読む
  • 滝上には随分前に一度だけ、芝桜を見に訪れたことがあるような気がする。そのせいか、そう距離があるわけではないが、どうにも土地勘がなく、遠く感じる。そんなこともあり、遅刻しては行けないと4:30に家を出た。いざ走り出すとそうでもなかった 笑▲ウェンシリ岳(1142.3m)~ポロナイポ岳(1110m <1093m>)・西興部村~下川町ウエンシリには2014の夏に1度、氷のトンネル登山口からピストンしているが…なんでもシベリアで大規模な... 続きを読む

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…