• 今日は大雪山の登山道整備。たまには、山に恩返しってほどでもないが…自分にだって、ゴミ拾いくらいはできるぞーーーー▲RW姿見駅~旭岳~間宮岳~中岳温泉~裾合平~姿見駅総勢14名。5:40 RW旭岳駅前に集合。眩しくて山が見えない…駐車場はまだガラガラ。緑が綺麗だ。6時過ぎ、始発に乗って姿見駅前。一面の雪面…硬い駅前から右に一段登ると夏道が露出している。その後、途切れながらも姿見の鐘のところまで雪が続く。ひと登りす... 続きを読む
  • 今日は高原温泉ゲートが開くというので、緑岳方面の偵察山行。なので、スキーにしたいところをグッと堪えてのツボ!▲緑岳(2019.9m)~小白雲岳(1966m)単独(登山靴+アルミ12本爪)…のはずだったが…知り合い3人組(スキー)と合流上川町のHPには、9:30開通とある。がしかし…かなり早朝から開いていたらしい↓来てみると車がズラー↓温泉脇から奥へと進み、右の山裾へ入り込むとすぐに雪に覆われる。ここから展望台手前の1400付近まで途切... 続きを読む
  • 5月も半ばをすぎると、6月頭にかけて平山方面の残雪スキーシーズンがやってくる。地図をみると1本南側の沢筋が気になってくる。あわよくば…丸山に近づけるかも…▲丸山(1617.8m)~支湧別川左股~岩松の沢林道他1。スキー2。こまくさ橋で右岸から左岸に渡ると林道も険しくなってくる。・911の少し手前に右岸へ渡る橋があり、入り口には、『岩松の沢林道』とある。林道入口からすぐに橋がある。橋自体はしっかりしているのだが、幼木が... 続きを読む
  • 2009年の雨とガスの日にスキー場側から夏道を辿った。2006年春、スキーで布部岳を往復した際に立ち寄った。そういえば、沢コースから登ってないな~と思いついた…▲富良野西岳(1330.9m)~北の峰(1084m)/沢コース~スキー場単独。今時期は増水してるだろうし、雪渓もあるだろうな~と思案した結果。沢靴(ラバー)とアルミアイゼンを選択中富良野町奈江地区らへんからの西岳。左奥に芦別岳。新プリ奥のPに駐車し、とりあえずRWらへん... 続きを読む
  • ▲新冠富士(1667m)<~イドンナップ岳(1752m)>昨年に引き続き、新冠富士からのイドンナップ登頂を目指す。イドンナップが斜体なのにはわけがある…M-chan、Kco-san。5.26(土)前日に新冠入りする。レ・コードの湯でサッパリして明日に備える。この温泉、Pからは幌尻岳(左)、イドンナップ(右)!露天風呂からは太平洋…とロケーションがよい。5.27(日)深夜1:30に起床し、コンビニして2:00過ぎに登山口へと向かう。1名体調不良のため、... 続きを読む
  • 過去の記録を書いています…2017.3 増毛山地めぐり 2日目3/19(日)▲知来岳(988.1m)・石狩市浜益 ~浜益区御料地ルートM-chan、Kzrn。スキー3。 二日目、朝からドピーカン! まさに The Day!硬い林道歩きから始まる。左手に今日の目的地、知来岳を望む。早々にスキーアイゼン装着し、疎林の南東尾根を快適に上がる。710付近で大きな雪庇の知来岳南東尾根に上がる。徳富川の奥、左に奥徳富岳、右に暑寒別岳が見渡せる。しばらくは... 続きを読む
  • 今年2月…南ペトウトル東尾根(弁天島へ向かう尾根)に取り付き、トラバースしてペトウトル山へ辿るルートを考えた。事情により、遅い出発となってしまうので、とりあえず様子見ということで試登した。それも雪あってのルート取り。1414mに関する呼称等については前回記した。(2018.2.11)▲南ペトウトル(1345m)~ペトウトル山(1414m)今回は見渡す限り、下界から見える山は真っ黒。無難にまずは登山道で南ペトウトルに上がり…北コルから... 続きを読む
  • 2018GW暑寒山塊縦走ツアー 2日目風は夜通し、吹いていた。夜中にトイレに起きると足下が凍っていて、ツルっ↓4時頃起き出すと天気は上々だが、やはり風はある。がさほどでもない。ヨシッ!▲~群別岳~暑寒別岳~暑寒山荘4/30 C1~群別岳~暑寒別岳~山荘朝食を終え、出発準備。淡いピンクの世界…テンバからまずは稜線まで180ほど登る。1200あたりで暑寒別岳南西尾根にあて、スキーデポ。ここからEPで群別に上がる。見上げる群別は... 続きを読む
  • 2018GW 暑寒山系縦走ツアー 1日目▲浜益地区幌~浜益御殿~浜益岳~群別岳基部他に計画もあったのだが…結局ここに落ち着いた。今回踏む山はすべて既に踏んでいるが、増毛山地での山泊縦走は初めて…いつかやってみたいと思っていた!M-chan、Dz-kun、Kco-san。スキー3、スプリット14/28 C0 浜益キャンプ場。もちろんメインはタコ!4/29 C0→浜益御殿~浜益岳~群別岳北コル(C1)林道合流部の少し先に車をおき、スキーでスタート。大坂... 続きを読む
  • 春の暑寒山塊…毎年1~2度、足を運んでいる。にもかかわらず…調べてみると、暑寒別岳山頂を踏んだのは、H24が最後だ。暑寒別岳には、東西南北すべての暑寒岳がある。ただし”別”はつかない。ちなみに暑寒別岳の点名も”別”はつかない…▲暑寒別岳(1492m)~東暑寒岳(1132m) /一等『暑寒岳』~三等『東暑寒岳』~山の神ルート道道546号(暑寒別公園線)のゲートが例年より、1週間早くあいた。てことは、雪が少ない?ない?ネット上にもあ... 続きを読む

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…