FC2ブログ
  • 3年前の記録です…大雨の隙間をついて道南へ。6年振りの狩場…前回は南東面直登沢…事故で撤退。そのときの後遺症は今も…リベンジ、といっても南東面沢はゴメンだ。思い出してしまう…情けないけども…本流で▲狩場山(1520.2m)・島牧村/一等『狩場山』  ~千走川本流から、新道下降Y・他1日本海に浮かぶ狩場山塊  道南はさほど雨の影響は受けていないようだ。林道もしっかりしているし、特に増水している様子もない。駐車スペースか... 続きを読む
  • 3年前の記録です……沢のグレード判定はよくわからないが…カタルップ沢は!!自分には少し荷が重いかな~と二の足を踏んできたが…やっと腰を上げる気になった。だめなら、もどればいいさ!▲カムイ岳(1755.8m)/カタルップ沢~北尾根下降Y、他1幸運にも7号堰堤広場まで車が入る。エサオマンにはすでに数台の車が止まっていた。カタルップ橋から覗くとすでに滑だ。右岸から滑に降り立つ。滑ると評判のこの沢、まずはチェック。確かにヌ... 続きを読む
  • 一昨日に引き続き、今日もアバレの予定…美瑛に集合するもどうも山がよくない↓一方、富良野西岳がよく見える。というわけで、今日も転進四線川なんていったいどこだ?と思われる方もいるかも…なんてことはない。富良野西岳沢コースを尾根道を使わず、最後まで沢詰めするってこと▲空知川四線川遡行・富良野市 Y、他1水分をタップリ含んだ重そうな雲十勝岳連峰は悪そうだな~まずは管理車道を行き…ここを左(直進)砂防の手前に入山BOX... 続きを読む
  • 1105二股左をとるとラクダ岩方面へ今日はこれを右へいくすでに小滝がのぞいている!!ここから6個ほど小滝、小釜、小函が続く…1150二股、右へここからも4個ほど…1185二股…ここも右へこれを左へいくと1450で登山道に当たるようだここからも5つほど出てくる雪渓の残骸の奥で左に折れると小滝!またすぐ出てくる足冷たくて痛いけど…中をいく!!この奥の二股(1255)を左をとると避難小屋の上(南東)へなのでここも右!!次から次へと約1... 続きを読む
  • 以前、1105二股を左にとり、ラクダ岩を左に見ながら…天塩岳山頂にいたった。旧道のつけられた本流あまり楽しかった記憶がない…そのうち右股をやろうと思っている内に4年も経ってしまった…アバレ川をやろうと美瑛で集合するもどうみても山がよくない…北の方がよいようだ。そこで、このことを思いました!よし、今から天塩へ行こう!!▲天塩川本流右股遡行Y、他1冴えない天候にもかかわらず…自分の車を含めて7台…へーーー連絡路分岐... 続きを読む
  • 3年前の記録です……第1回目の『山の日』特に意識はしていなかったが…林道、沢、ヤブ、木道、登山道、ルンゼ、岩…まさに盛りだくさん、各種取り揃えた山の日となった。▲夕張・前岳(1501m)~ペンケモユーパロ川本流Y、他1Pから、クッキリと夕張山塊が見渡せる。前岳は一際鋭い。本当にあそこに行くのか?他人事のようにしばし見とれる。                 夕張岳登山口付近にデポ車をおき、奥鹿島林道ゲートへと戻る... 続きを読む
  • ①へもどるゴルジュ滝から引き返し…1375を右、1380を左にとり、中股を遡る。1400二股を左へ(中股左沢)苔の回廊1425~30らへんの門雪の斜面をいく1440、深く垂直な樋状の小滝右岸巻1550、ガコン!ドキッ 汗1575二股中尾根の岩塔左股の谷1585、大岩の奥に滝が見えている1600、地形図の滝記号下部がハッキリしないが、15mくらいだろうか~右岸草付から巻く大滝を超えると…一変、なにもなく穏やかな楽園風景が続く1605二股右へ1645二股... 続きを読む
  • 旭岳…だてに北海道最高峰なわけではないその西側、南側にはまだまだあまり知られていないところがたくさんあるはず!というわけで、探検隊第一弾▲ピウケナイ第三沢探索第三沢、どれが本流なのかわからない?が、地獄滝・地獄谷を経て、直接東面に突き上がる右股をここでは本流とします。裾合平に向かうものを左股、間を中股として書きます。なので、本流下降→中股遡行となります。Y、他2雪渓たっぷりのゴロンゴロンゴーロを下る。... 続きを読む
  • 久しぶりのオロエン調べてみると…4年ぶり5度目▲石狩川水系内大部川支流オロエン川遡行/幌内山地Y、他3人生初沢の人が1名、2度目の人が1名…てわけで、ちょっと沢入門的にやってみますか~~こっちが右岸、あっちが左岸的な……初っぱなからこんなにワイルドでしたっけ?お久しぶりの沢ってことでうれしそうでしたね!215左股が小滝で出合うここ使いましょ!!ロープ出して…まずはしっかり3点支持で登りましょ!セルフとって…8環はあ... 続きを読む
  • ▲赤岳~小泉岳~緑岳~高原温泉赤岳から先はフラワーロードホソバウルップソウって、こんなに鮮やかでしたっけ?後ろの方で、まるで天国!との声いったことあるんかーい 涙エゾオヤマノエンドウ、~キンバイ、イワウメ北鎮~凌雲へと続くイワウメ平 笑みなさん、一生懸命歩いてくれて赤岳で20分のアドバンテージができたのでお花、写真タイムをとりながら…ゆっくり進む!ミネズオウ小泉の回りだけちょっと寂しい感じ小泉を下り出... 続きを読む

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…
2017.10.15椎空知山から書き始めました。それ以前のものも少しづつアップしていきたいと思っています。

検索フォーム

熊ポテカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR