• 2018.10.13(土)本日3山目。次は土地勘の乏しいないYはナビ頼み!桂峠付近から額平川へ。一山越えて貫気別川へさらに低い丘陵地を越えて日高町(旧門別)に入り…ヌモトル山の北裾から一山越えて里平川流域へ本流左岸へ渡り、やっと新冠町。1.3kmほど下り、左手の牧草地へ。さらに一山越えると比宇川流域。本流を渡ってすぐに左手に進む。ここまで約33km、約45分。遠いような…近いような…いずれにしても、ナビ様々!どうにか午前中に... 続きを読む
  • 2018.10.13今日は一人で平取町を中心にヤブ低山を3山予定する。まずは日高道の駅から一番近い茂岩山から…▲茂岩山(403.2m)・平取町~オタリマップ川右股右岸林道(池売林道)とても寒い朝を車中で迎える。3℃動く気にならず、白み始めた頃に出発する。国道237を平取に向かうと、幌尻岳に向かう道路が近づく。多分、あの山だな~幌尻岳のデカイ看板で左折し、2kmほど行くと右折。まもなく右手に林道入口がある。池売林道というようだ... 続きを読む
  • ... 続きを読む
  • 椎常呂山は置戸町の山…が、三国山から東へ直線距離で6km強のところにあり、上士幌町三股と置戸町を繋ぐ勝北峠の約2.7km北東に位置している。旭川からなら三国峠→勝北峠が断然近いのだが…この峠が不通だ↓なので、石北峠から北見市留辺蘂に出て、置戸町をぐるっと回りこまなければならない。昨年まで置戸湖から勝北峠方面へは工事中で不通であったが、峠まで通れるようになったとの情報を得たので、行くことにした。▲椎常呂山(1231.5... 続きを読む
  • 北見富士は2つ…1つは北見市留辺蘂…もう1つは丸瀬布北見富士とも言われ、紋別市側から旧道、新道の2本の登山道がつけられていた…夏山ガイド初版本(1993)には掲載されているが、手元の2002年版にはなく、廃道化して久しい…旭川方面からだと丸瀬布側から丸立峠を越えてすぐに林道入口となるのだが…その峠も今や通行止めだ。なので、ぐるっと紋別側から回り込まなければならない。直線距離の割にはとても遠い山だ。毎年、毎年気になっ... 続きを読む
  • ... 続きを読む
  • ▲銀泉台~赤岳~白雲小屋~小泉岳~赤岳~銀泉台今日は大雪山でボランティア活動。しつつ大雪山の季節の移ろいを楽しみたい。今日のミッションは案内標識につけられたグレード票と案内の英語表記を新しいものと付け替えること。場所は小泉分岐、白雲分岐、白雲小屋分岐、板垣新道分岐の4箇所…早朝の銀泉台。気温は5℃以下…紅葉斜面とニセカウ紅葉斜面の奥に石狩連山・ニペソツ第二花園奥ノ平神ノ田圃第三雪渓駒草平奥から東岳遠くに... 続きを読む
  • この山に挑むのは3度目である。H24に知人に誘われ、中広尾川から稜線に上がったが…突然の遠雷がグングン…雷雨の中、ヤブの斜面を転げ降りた。そして、昨年。十勝方面に向かって運転中に、体調に異変。またしてもだめだった。今度こそはの3度目である。▲広尾岳(1231m)~西広尾川北面沢広尾市街地から右折し、道道987号に入る。しばらく行くと左斜め前方の茂寄幹線に入る。約5kmほどで砂防ダムを通過し、川からの道との交点に留める... 続きを読む
  • 何年前かはわすれたが、岩内仙峡の吊橋を渡ったことがある。最近になって、この橋の正面の山に金竜山(465m)という名があり、登山道があることを知った。昨日の疲れと明日への心身の準備も兼ねてアクティブレストすることにする。▲金竜山(465m)・岩内仙峡(帯広市)案内板の濃い緑の両縁に茶色で登山道が示されている。この図の左側から登って、図示されていないがさらに左側の道から周回した。二度目の仙峡橋。高さ62m(らしい)... 続きを読む
  • カムイサンケナイがあまりにも早く終わってしまった。温泉に浸かるにはちと早い。そこで…トムラウシ登山口から新得へ帰る途中で一等三角点を探し、その奥にあるオソウシ温泉に浸かることを思いつく!▲569.6m無名峰(一等:『沙間樹庵』)道道718号をまずは屈足方向へ南下する。岩松ダム下流・230から東へ向かう林道へ左折。・235の橋で十勝川左岸へ渡り、オソウシ川の右岸へ渡る橋の間に取り付く林道があるはず!実際、行ってみる... 続きを読む

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…