FC2ブログ
  • 先週土曜日、函館山(10/14山)翌日曜日、横津岳~烏帽子岳~袴腰岳さほどの登り下りでもなく、ハイキング卒業今週はいよいよテスト登山選んだ山は手稲山なんでかというと未踏だから!で、1000m超、北海道百名山、一等三角点Yにとっては、4拍子揃った最高の山!!前日の夜、札幌のW氏にお風呂情報を尋ねた…▲手稲山(1023.1m)~平和の滝C/一等『手稲山』パッとしないな~昼までもつかな~現地9:30予定が少し早めに動き出せた。天気の... 続きを読む
  • ここ数年、毎年少しづつ道央・道南の沢をポツポツと…で、そろそろここへ札幌在住のW氏とは初顔合わせちょっと緊張て歳でもないか 笑▲琴似発寒川遡行Y、他2どうにもGPSがうまくいかない↓↓登山口に自販あるのいーな!しばらくは林道?ん? 登山道なのかな?暑いので、320でとっとと入渓大岩ゴロゴロなんもなく、15分ちょっと綺麗Wさん、身軽!ダイモンジソウらしい380付近を過ぎると感じが出てくる!滑てくるとい~ね~へつるやさ... 続きを読む
  • 土、日、勤務からの月曜代休ってことで、十勝方面の沢を予定していたが…どうも降水量が気になる↓札幌方面の方がましかも…▲豊平川支流狭薄沢から狭薄山(1295.7m)~三等『大札幌』この山、つい数ヶ月前にスキーで登頂した。まさか沢からも踏みにいくことになるとは!豊平峡大橋でタツノオトシゴのような定山湖の尻尾を渡り、地形図にはない林道を右へと進むこと30分弱。550付近で入渓する。水量が少なく、浅い沢だと聞いていたが…そ... 続きを読む
  • 8/18(土)-19(日)の二日間とある沢研修会が登別市-白老町で開催された。お手伝いを頼まれ、スタッフとして参加してきた。白老川らへんに興味があったのでちょうど良かった!二日目の日曜日、大勢でウジャウジャと沢登り。▲白老川三重の沢~砥石沢2018.8.19(日)1班9名、2班10名の総勢19名。Yは2班のSL。まったく沢がはじめてという人も数名…はたして…ハーネス捻れてますよーー!ドキドキ…というわけで…まずは道道から砥石沢右岸の立... 続きを読む
  • 今年の初沢。手頃な沢はないかと物色。札幌の方達となので…てことでここに決定!源頭からは刈分けもあるということだし…▲丹鳴川から丹鳴岳(1039.5m)・支笏湖西部 ※三等三角点『丹鳴岳』 H氏、M氏と3人。ラバー1、フェルト2。自宅を3:30に出発。Yにしては驚異的な時間だ…普段いくら早くても5:00が限界だからだ 笑国道276号で千歳から支笏湖へと向かうと道路が混んでくる↓湖西端で道道76号へと右折する。美笛キャンプ場への誘導路... 続きを読む
  • ▲カルルス山(1075m)~来馬岳(1040.1m)~化物山(1077m)~オロフレ山(1240.7m) /オロフレ峠単独オロフレ峠駐車場から今きた道路の反対側に登山口を発見!あの白いのがそうに違いない。ひと登りして、振り返る。駐車場がなんとか見える程度↓天気予報見て、この地域を選んだんだけどな~↓↓谷の左岸下方に登ってきた国道が微かに見える。・1012を超えるとなんと雨!急げーーー!ここまで30分強!めずらしくとばした!! 笑まだまだ雲... 続きを読む
  • 以前、中山峠から定山渓に向かう途中、端正な三角な山が目にとまった。あとで調べると『狭薄(サウス)山』という名であることを知った。なんとなく響きもよい。以来、チャンスがあれば…と温めていた。▲狭薄山(1295.7m)・札幌市~西(南西?)尾根前日、土曜は午前勤務。昼から札幌へ向かう。夜に祝賀会に出席し、久しぶりに恩師や同期、先輩・後輩と再開。中には30数年振りの人も…楽しい時間を過ごす。この年になると深酒&寝不足... 続きを読む
  • ▲空沼岳(1251m)湯の沢から万計山荘まで辿り、山荘からは夏道で空沼岳までピストンする計画。お初の山…。H氏、K-chanとの3人。沢靴(ラバー)。490で左岸林道がバツっと途切れ、沢に降りる。ここまで終始左岸を歩いてきたと確信していた。これがこのあとの地図読みを狂わせることになった。500付近は流倒木が詰まり荒れている。520で左に比較的大きな支流を分け、その後淡々と進む。600付近から断続的に滑が続き、いい感じになって... 続きを読む
  • 初めての山であり、夏道ピストンでもよいかと考えていたが…同行者を得、北東側の岩魚沢から登り、南側熊ノ沢コースへと定天を横断することとした。なお、現行地理院地図では天狗沢となっているが、岩魚沢の誤りで夏道のある熊ノ沢の1本東側が天狗沢のようだ。沢靴(ラバー)。▲定山渓天狗岳(1144.5m)~岩魚沢左股から/二等『天狗岳』札幌湖を北上し、上流部で折り返すように林道を南下する。岩魚沢出合の橋脇に駐車し、上流左岸へす... 続きを読む
  • 高速で札幌に近づくと視野の左の方にいつも気になっていた恵庭岳。やっと来ることができた。単独。ポロピナイコース駐車スペースはじっこに何とかねじ込み、車がゴーゴー飛ばしていく登山口からスタート。涸沢の左側の歩道を辿ると道は堰堤の中へと進む…ちょっととまどった↓どこかの記録でも見た大岩。棒きれを突っ込んだ人の気持ちがよくわかる 笑開けっぴろげな涸沢から狭いところへと進んでいく。登り専用路第一展望台からはガ... 続きを読む

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…
2017.10.15椎空知山から書き始めました。それ以前のものも少しづつアップしていきたいと思っています。

検索フォーム

熊ポテカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR