FC2ブログ
  • 単独で沢に行く気になれず…3つ候補を考えた…が、調べてみると…大雪山系(表、北、東、十勝岳連峰)の中で、三峰山だけが21世紀になって踏んでいないことがわかった。というわけで…▲上富良野岳~三峰山 2019.8.4Y、単独近いのをいいことにノンビリ行くと…凌雲閣の手前の道路脇まで車がビッチリ↓駄目元でPまで行くと1台分だけあいてた!もってるね!!ちょっと歩くとドーンと別世界って、あれっ?Mさん、何やっての?立ち話…出会った... 続きを読む
  • 1200付近でお楽しみ区間を終え…大っ嫌いなだらだらゴロゴロ地帯突入↓↓1250で謎の二股を右へ(右しかない!)6年経っても謎のままだった 笑そして、1290から最終章へDくんがいくが、ここは抜けが悪い…安全を期して…抜けは右岸から小巻からの懸垂ムンターとカラビナの相性が悪く…流れない↓↓ガスが濃くなってくる…判然としないが…北向き沢(涸滝)が断崖で出合う!いよいよラスボスのお出まし勝瑛ノ滝右岸から巻く『らーーーく!!』ヒヤ... 続きを読む
  • やっとこれました!調べてみたら…2012(H24)、2013(H25)…実に6年ぶりだった(3度目)こんなにご無沙汰してたんだな~ちょっとビックリ!▲アバレ川遡行・美瑛町Y、他33人とも、お初…というわけで、ここはこーで、あそこはあーで…あれっ? なんか違う…記憶…全然だめだわ 涙歩き出してまもなく…オヤウシナイの沢で崩落…3つ目(だったかな~)の砂防DMから川へ右に折れるとすぐにF1ありゃーー変わり果てたーーー↓↓左岸からいとも簡単に上... 続きを読む
  • 上ホロカメットク山~十勝岳の間…たしか1度歩いたことがある。どっちからどっちへ歩いたかすら覚えていない…なので、コースの感じなんてまったくわからない 涙(16年ぶりだった…十勝岳 → カミホロ避難小屋)そして、夏の十勝岳はいつぶり??(6年ぶりだった…望岳台 → 十勝岳 → オプタテシケ)そんなわけで……大雪山PV(パークボランティア)▲凌雲閣~上富良野岳~上ホロカメットク山~十勝岳~望岳台本日は6名+レンジャー2名の8名で作... 続きを読む
  • ▲トノカリシベツ山(1151.5m)~オプタテBC/二等『殿狩士別』Y・他1取水ダムらへんに倒木があり、約4kmの歩行を強いられるとの情報で鋸持ってきたけど…処理されていて、なんなく三股橋まで入れた!ありがとうございます!!三股橋橋体は大丈夫だけども…根元の地面が…このパターン、多いよね!とりあず、シートラ好きじゃないけど、天気いいからまぎれる 笑雨量観測所の先の広場から踏み後程度に…右手には目指すトノカリシベツ山が... 続きを読む
  • 十勝川支流チカベツ川(新得町)の源頭らへんほぼ同じ高さの平坦な山が2つ並ぶ。随分前から、そのうちリストにはあった。決して、魅力的ではなく、後回しリスト最上位でもあった…昨年、重い腰をあげ、行ってみたが…歩き出し数キロ手前で倒木とそれに絡まるターザンできそうな太いツル系でやめといた。ところで、この山たち…山域分類はどこなんだ?広く、大雪山系には違いないんだろうけども…東大雪か? うーーん…ピンとこないな~概... 続きを読む
  • 凌雲閣から富良野岳のはずが…えっ!タイヤ、パンクした?アイゼン、ない?アイゼン、間違えた?スキーアイゼン、持ってない??オイオイまさか、シールはあるんだよね?ホッとりあえず、D尾根をいけるとこまで…そして、滑るしかないわ…Y・他3今日はまさに The Day!!と、このときは思っていた…あの上に立つんだーーってそして、このときにはまだいけると思っていた…えっ、一人が消えた!まさかの尻滑りなの? 滑落かーー??生... 続きを読む
  • シールもアイゼンもつけたまま、コルまで滑る。ただの横着者↓右手に境山~下ホロを見つつ進む。這松帯を抜けると登りやすくなる!も少しだよーー!右奥に富良野スキー場が前富が真っ白!なんか気にいった!!何もない山頂風も強いし…とっとと帰ろう!山頂儀式…Yにならず…V?天気がよいと頑張れる!凍結した不思議な生き物たち親分が猛追してくる!相変わらずの深い前傾 笑シュカブラ斜面これ以上硬くなったら、ちょっとやだな…大... 続きを読む
  • ちょうど5年前、秋雲橋からめざしたことがある。連れがアイゼンがなく…硬い斜面に撤退し、布部川へ下降した。みごとに徒渉失敗…原始ケ原からの遠い帰り道ズブズブのブーツが不快だった。そして、2年前…大麓山まで頑張ったが…視界不良で引き返した。今日はトウヤウスベのリベンジこないだの小平蘂同様…3度目の正直にしたい!今日は隊長抜きの敬老会▲トウヤウスベ山(1400m)~大麓山(1459.5m)/二等『虎臥辺』さてと…いきますよーー!... 続きを読む
  • 久しぶりにDくんから連絡がくる。なになに、北西稜!一も二もなく、『やりたい!』がしかし、前日土曜は…終日勤務からの勤務先の30周年記念祝賀会だった……なんとか、ノンアル&車帰宅で切り抜けた!▲上ホロカメットク山(1920m)/北西稜~AMC下降ルンゼD君、H君、S君とY(抹茶ジジー)やや出遅れる。凌雲閣に着くとそれなりの台数友人達、K会4人組が準備を終えようとしていた。我々パーティーはほぼ最後尾足回りは、スキー・スプリッ... 続きを読む

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…
2017.10.15椎空知山から書き始めました。それ以前のものも少しづつアップしていきたいと思っています。

検索フォーム

熊ポテカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR