FC2ブログ
  • 2018GW暑寒山塊縦走ツアー 2日目風は夜通し、吹いていた。夜中にトイレに起きると足下が凍っていて、ツルっ↓4時頃起き出すと天気は上々だが、やはり風はある。がさほどでもない。ヨシッ!▲~群別岳~暑寒別岳~暑寒山荘4/30 C1~群別岳~暑寒別岳~山荘朝食を終え、出発準備。淡いピンクの世界…テンバからまずは稜線まで180ほど登る。1200あたりで暑寒別岳南西尾根にあて、スキーデポ。ここからEPで群別に上がる。見上げる群別は... 続きを読む
  • 2018GW 暑寒山系縦走ツアー 1日目▲浜益地区幌~浜益御殿~浜益岳~群別岳基部他に計画もあったのだが…結局ここに落ち着いた。今回踏む山はすべて既に踏んでいるが、増毛山地での山泊縦走は初めて…いつかやってみたいと思っていた!スキー3、スプリット14/28 C0 浜益キャンプ場。もちろんメインはタコ!4/29 C0→浜益御殿~浜益岳~群別岳北コル(C1)林道合流部の少し先に車をおき、スキーでスタート。大坂山を西から巻き、御殿を望... 続きを読む
  • 春の暑寒山塊…毎年1~2度、足を運んでいる。にもかかわらず…調べてみると、暑寒別岳山頂を踏んだのは、H24が最後だ。暑寒別岳には、東西南北すべての暑寒岳がある。ただし”別”はつかない。ちなみに暑寒別岳の点名も”別”はつかない…▲暑寒別岳(1492m)~東暑寒岳(1132m) /一等『暑寒岳』~三等『東暑寒岳』~山の神ルート道道546号(暑寒別公園線)のゲートが例年より、1週間早くあいた。てことは、雪が少ない?ない?ネット上にもあ... 続きを読む
  • ちょうど1年前頃、浜益地区御料地から知来岳に登った。徳富川の奥から暑寒別岳~南暑寒岳と続く長い尾根…北東方向に平坦な大滝山を認めた。ここから川へ下降し登り返せば行けるな!とそのときに思った…▲大滝山(1037.8m)・増毛山地/三等『大瀧山』~御料地ルート今年は融雪が加速度的に進行している。果たしてSBはあるのだろうか?念のため、大きなゴミ袋やらタオルを持って挑んだ。風邪気味なのがちょっと気がかりだが…スキー。国... 続きを読む
  • 子供の頃、ピンネシリをはじめとして、ここらへんの山々を毎日見て育った。ということもあり、少しだけ思い入れもある。ピンネシリ、待根山、隈根尻、浦臼山は登っているが、この山が残っていた。笹狩りをしていただいたようなので、行ってみることにした。単独。まずは6年ぶりの浦臼山へと向かう。あまり利用者はいないのであろうか…浦臼山~奥の方の山頂標識少し行くと雑草が覆いだす。この植物が繁茂している…やたらと多い…名前... 続きを読む
  • 下界から見上げると3つ山があるように見える。左から暑寒別岳、西暑寒岳、そして右がこの山、中ノ沢岳だ。▲中ノ沢岳(1189m)・増毛町~北尾根ルート単独。スキー。朝7時頃、ゲートにつくと既に数台の車。SKIにブーツをセットして、丸ごとシートラで長靴スタート。二股の林道は入口から雪がギッシリ。すぐにポンショカンにかかる橋を渡るが、半分だけ雪。林道を少しだけ進んで左へ分け入る。入り組んだ小沢を3回SBして取り付く。一... 続きを読む
  • 3日目 3/20(月)▲天狗岳(973m)・増毛町/増毛山地~岩尾温泉ルート・西峰:三等『岩尾天狗』・東峰:二等『天狗岳』昨日とは真裏側から暑寒別岳~群別岳~浜益岳を眺める。雄冬山が近い。案外、著名なピークよりもホンジャマ平が目を惹く。最終日、今日もTheDay! 登り口が判然とせず、やや右往左往するも、岩老地区の増毛山道入口から歩き出す。今日も硬い…ほんの20~30m標高が上がると背後に日本海が青い!複雑な地形にあちこ... 続きを読む
  • 過去の記録を書いています…2017.3 増毛山地めぐり 2日目3/19(日)▲知来岳(988.1m)・石狩市浜益 ~浜益区御料地ルートスキー3。 二日目、朝からドピーカン! まさに The Day!硬い林道歩きから始まる。左手に今日の目的地、知来岳を望む。早々にスキーアイゼン装着し、疎林の南東尾根を快適に上がる。710付近で大きな雪庇の知来岳南東尾根に上がる。徳富川の奥、左に奥徳富岳、右に暑寒別岳が見渡せる。しばらくは雪庇の尾根をス... 続きを読む
  • 今年は、春分の日の日取りがよい! 見事に3連休!R275、R451、R231、R233で囲まれた増毛山地を1周しながら、3山をやろうという計画。まずは北竜町を起点に道道94号を西進し、御料峠から恵岱岳からスタートする!1日目 3.18(土)▲恵岱岳(1060.4m)・雨竜町 ~ 御料峠(北竜町)ルート初日の朝、旭川は真っ青であったが…ヘアピンを曲がりきったらへんの駐車スペース。そこそこの賑わい。知り合いパーティーも入っているようだ。林道... 続きを読む

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…