FC2ブログ
  • ▲西天塩岳(1465m)~岩鉄川南面沢天塩岳ヒュッテに向かい、・630から岩鉄川右岸の林道へと進む。はたしてどこまで入れるのだろう?ほぼ林道終点の・752変形四差路まで入ってしまう。ここまで入れれば、かなり楽になる!O-san、Yco-san、Y-chan。無駄に濡れる人々1。とにかく水に入りたがる…笑・868二股の右股無駄に濡れたがる人々2。負けてはいられない…笑とにかく寒い。濡れ鼠2匹を見かねたO-sanが火をおこしてくれる。ひたすら吹... 続きを読む
  • 過去の記録を遡って書いています…小槍に登りたい!50mロープを1本ずつ背負い、2本持ってニセカウ登山道から廃道となって久しい南稜ルートを小槍へと向かう。O-san、Y-chan。足回りはギリギリまで悩み、スパ足袋を選択。▲小槍(1601m)偵察~大槍(1760m)いつもより重いザックに普段あまりかかない汗をたらし、登山道を行くとやがて大槍が目に入ってくる。いいながめだ。ニセイノシキオマップ側からドンドンガスがあってくる。岩稜の向... 続きを読む
  • 大扇の滝があまりのも早く終わってしまったので、予てから保険的に検討していたポンルベシベ川左股を浮島湿原に向かって遡行してみることにした。▲ポンルベシベ川支川左股~浮島湿原2017.7.23(日)浮島トンネル上川側入口手前から浮島湿原に向かう道路へ進む。・828に駐車し、浮島湿原への歩道を進み、すぐの沢がポンルベシベ川支川だ。ヤブがひどい涸沢。入っていく気がせず、引き返す。車で来た道を徒歩で500m弱引き返し、沢へと... 続きを読む
  • 過去記録です (2018.4.2)渚滑川支流バッタノ沢のc630にこの名称がある。“きたのたき”によると落差30mとあるが果たしてどうか?▲大扇の滝国道273号からバッタノ沢右岸林道に入る。近頃にはめずらしく荒れていない…順調にどんどん進む。c440二股を右股左岸へと入ると地形図の終点より300m強手前で行き止まりとなる。ここまで入れれば、しめたものだ! 車止めからすぐに入渓し、視界不良の中ゆっくり進む。前方の白いカーテンの奥に... 続きを読む
  • 過去の記録を書いています。(2018.4.5)シイシカリベツ川の奥には然別峡があり、然別山、下然別山、上然別山がある。残すところは、上然別山となっていたが…林道が長く、後回しとなっていた。▲上然別山(1370.6m)/二等『上然別』~ニペソツ川支流白雪沢西面沢2017.7.15東大雪の林道はどこもズタズタで修復されていないところが多い。ここもその一つで、問い合わせてみると…事業予定が入らない限り、修復はしない。とのこと。あと... 続きを読む
  • 過去の記録を書いています。(2018.4.5)▲徳舜瞥山(1309m)~ホロホロ山(1322.3m)2017.7.9(日)今日は職場スタッフとの夏山登山…第二弾。未踏で天気が比較的良さそうなところを選ぶことに…Mk-chan、Yk-chan。さてと…そろそろホロホロ山へ一等三角点『徳心別岳』白老山岳会の方が山頂標識を塗り直していた。ご苦労さまです↓... 続きを読む
  • 過去の記録のアップです(2018.4.6)▲北山(1843.4m)~真狩岳(1892.7m)~羊蹄山(1898m)比羅夫コース~火口一周夏道。単独二合目、風穴次々と合目標識が現れる。九合目分岐からアンヌプリを見下ろす。晴れて良い天気なのだが、霞んでいる…1789の分岐火口を時計回りに一周する北山(1843.4m)母釜父釜一等三角点『真狩岳』 (1892.7m)羊蹄山(1898m)今日は随分と人が多い…こんなにも人気なのか?…と思ったら、第56回全日本登山大会北海道大... 続きを読む
  • 今夏は夏道登山が増えそうな予感…職場登山第一弾…▲樽前・東山(1021.9m)~北山(932m)~風不死岳(1102.3m)夏道。他2ヒュッテ登山口。車の数がすごい…一等三角点『樽前岳』駐車場を眼科に見下ろす。風不死岳へと西へ向かう。こんなに荒々しい山だったとは…!!北山(932m峰)風不死岳山頂 ... 続きを読む

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…