FC2ブログ
  • いよいよ、最終日の朝  泊まったバンガローの屋号が『イネ』?? どうやら、アイヌ語で『4』らしい…徒歩で鴛泊港へ向かうことに…足湯を見つけ、向かうも空振り↓公園から、朝の利尻利尻山神社…無事に下山できました! パンパン!!フェリーターミナルまでもう少し…なんだか、遠回りしたような気がする↓もう少しいたかったな~ … ペシ岬そう遠からず! 次はSKIで必ず!!最終日にして、やっと海鮮丼にありつく! ガッつく!... 続きを読む
  • 利尻の朝…窓には月と利尻…ワクワクな予感!宿からお弁当を持たせてもらい、見返り台園地まで送って頂く。頭が見えている!ここですっかりお弁当を空にし、道路を一段下って、沓形登山口から出発!すぐに市街地への分岐がある…これを間違って下ってしまった人がいたらしい↓次々と標識が出てきて飽きさせない。裏にトイレブース沓形稜にのる。まばゆい!辿ってきた尾根三眺山(1461m)三眺の宮仙法師稜西大空沢左股上部を覗き込む三眺... 続きを読む
  • 今週末は北のほうが天気が良いようだ。そこで、利尻山に再訪することにした。もうあれから13年かと思うと感慨深い…前回は鴛泊コースを往復した。今回は是非とも沓形コースから上がりたい。フェリーの発着時間を調べていると…初日に礼文島に渡り、その日のうちに利尻島に渡ることができる! ことを知った。そんなわけで、礼文岳&利尻山ツアーとなった。島への出発の朝もうすぐ礼文着内路コース登山口笹の刈分道もう一登り礼文岳山... 続きを読む
  • 若いころ、仕事の関係で名寄に4年間住んでいた。冬のスキー場には随分とお世話になったが、山頂は踏んでいなかった。そんなこともあり、所用がてら登ってみることにした。単独。ピヤシリ温泉前からスキー場へと進む。一段上ると左の森へと入っていく。再びスキー場の方へもどってくると市街地が見え出す。ジャンプ台も見えてくる。上部にはヤマハハコ(だよね?)が散見される。リフト終点からは、ヤブの中の踏み後に分け入る。左... 続きを読む
  • 子供の頃、ピンネシリをはじめとして、ここらへんの山々を毎日見て育った。ということもあり、少しだけ思い入れもある。ピンネシリ、待根山、隈根尻、浦臼山は登っているが、この山が残っていた。笹狩りをしていただいたようなので、行ってみることにした。単独。まずは6年ぶりの浦臼山へと向かう。あまり利用者はいないのであろうか…浦臼山~奥の方の山頂標識少し行くと雑草が覆いだす。この植物が繁茂している…やたらと多い…名前... 続きを読む
  • 高速で札幌に近づくと視野の左の方にいつも気になっていた恵庭岳。やっと来ることができた。単独。ポロピナイコース駐車スペースはじっこに何とかねじ込み、車がゴーゴー飛ばしていく登山口からスタート。涸沢の左側の歩道を辿ると道は堰堤の中へと進む…ちょっととまどった↓どこかの記録でも見た大岩。棒きれを突っ込んだ人の気持ちがよくわかる 笑開けっぴろげな涸沢から狭いところへと進んでいく。登り専用路第一展望台からはガ... 続きを読む

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…
2017.10.15椎空知山から書き始めました。それ以前のものも少しづつアップしていきたいと思っています。

検索フォーム

熊ポテカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR