FC2ブログ
  • この山に挑むのは3度目である。H24に知人に誘われ、中広尾川から稜線に上がったが…突然の遠雷がグングン…雷雨の中、ヤブの斜面を転げ降りた。そして、昨年。十勝方面に向かって運転中に、体調に異変。またしてもだめだった。今度こそはの3度目である。▲広尾岳(1231m)~西広尾川北面沢広尾市街地から右折し、道道987号に入る。しばらく行くと左斜め前方の茂寄幹線に入る。約5kmほどで砂防ダムを通過し、川からの道との交点に留める... 続きを読む
  • 何年前かはわすれたが、岩内仙峡の吊橋を渡ったことがある。最近になって、この橋の正面の山に金竜山(465m)という名があり、登山道があることを知った。昨日の疲れと明日への心身の準備も兼ねてアクティブレストすることにする。▲金竜山(465m)・岩内仙峡(帯広市)案内板の濃い緑の両縁に茶色で登山道が示されている。この図の左側から登って、図示されていないがさらに左側の道から周回した。二度目の仙峡橋。高さ62m(らしい)... 続きを読む
  • カムイサンケナイがあまりにも早く終わってしまった。温泉に浸かるにはちと早い。そこで…トムラウシ登山口から新得へ帰る途中で一等三角点を探し、その奥にあるオソウシ温泉に浸かることを思いつく!▲569.6m無名峰(一等:『沙間樹庵』)道道718号をまずは屈足方向へ南下する。岩松ダム下流・230から東へ向かう林道へ左折。・235の橋で十勝川左岸へ渡り、オソウシ川の右岸へ渡る橋の間に取り付く林道があるはず!実際、行ってみる... 続きを読む
  • トムラウシ地獄谷からヒサゴ沢を検討していた。天気予報とにらめっこな毎日…15(土)は一貫して“晴れマーク”!16(日)は“晴れ”かと思うと“一時雨”…また“ときおり晴れ間”…不安定なのは否めない。トムラウシ川で増水されてはたまらない。というわけで、日帰りの沢へ▲カムイサンケナイ川遡行トムラウシ短縮登山口から歩き始め、温泉コース合流点手前の緩い沢形から下降する。そこそこの笹ヤブ…順調に下り、あと10数mのところで右下も左下... 続きを読む
  • 遠軽町白滝市街地から道道558号を支湧別地区へ進む。左手には屏風のような山並みが続く。支湧別岳、ニセイチャロマップ岳、屏風岳その一番手前にある山が三笠山だ。以前は、パンケシユウベツ川沿いの林道を進み、右に行くと支湧別岳登山口の二股を左に進み、容易にアプローチできたようだが…2年前の台風以来、車が入れるのは・540地点までとなった。とはいえ、2km強の延長で済んだのは、他の地域と比較すれば、むしろ幸いであろう... 続きを読む
  • ▲オシラネップ川沿いカミオシラネップ川二股の8km強手前にゲート。ガッチリ南京錠雄柏山への西側アプローチは今やとても長くなってしまった。▲丸立峠紋別側丸立峠側にはゲート進行方向右手(西側)林道入り口にゲートはない森林管理署に問い合わせると…二股までは確実に車で入れるとのこと…はたして…... 続きを読む
  • 石狩連山(ニペノ耳)とニペソツ山塊(前天狗)を結ぶ稜線上に1578.6m無名峰がある。三等三角点。点名『温泉岳』!この名を知ってから、何年もたつ…先日、トムラウシ温泉側からトムラウシに登る途中、前トムラウシ方面を眺めていると…石狩連山とニペソツ山塊の中間にこの山を同定することができた。少し上からよってみた。これがきっかけになったかもしれない。今シーズン中になんとかしよう!そんな矢先…シュナイダーコース登山口まで... 続きを読む
  • 土、日、勤務からの月曜代休ってことで、十勝方面の沢を予定していたが…どうも降水量が気になる↓札幌方面の方がましかも…▲豊平川支流狭薄沢から狭薄山(1295.7m)~三等『大札幌』この山、つい数ヶ月前にスキーで登頂した。まさか沢からも踏みにいくことになるとは!豊平峡大橋でタツノオトシゴのような定山湖の尻尾を渡り、地形図にはない林道を右へと進むこと30分弱。550付近で入渓する。水量が少なく、浅い沢だと聞いていたが…そ... 続きを読む

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…
2017.10.15椎空知山から書き始めました。それ以前のものも少しづつアップしていきたいと思っています。

検索フォーム

熊ポテカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR