FC2ブログ
  • その2向かい側に最後の夕暎山(左奥)がやっとみえてきた‼️右奥の白いのはイルムケップ遠い😓最後の夕暎山へまずは870ポコを巻き気味に滑り下るが、このあと勢い余って、北西尾根に入ってしまう🥵最近、ルートミス多いし⤵️すぐに気づいて北東へ修正からの・834の巻きいい写真! Wさん、ありがとう!!790ポコからの登りまだまだあるよ〜13時を回った空もどんよりしてきた対岸に野花南岳がみえてきたコルから820へいよいよ・858と右奥... 続きを読む
  • 長いしな~そのうちそのうちと逡巡すること数年そろそろ機は熟した 汗と、前日夕方軽くギックリ腰だめかな~の朝起きれたので、行く!!これらの3つの山たち近藤山は地形図にはないが、五味沢林道が使えるのが知られている夕暎山は長い近藤沢林道を往復で可能が、野花南岳には、これといったルートが…近藤山か夕暎山のどちらかから縦走しか思いつかないなので、近藤→野花南→夕暎と回り、長い近藤沢林道を最後にシューと帰ってくる... 続きを読む
  • R237を南下金山市街を通り過ぎると頭の平らなこの山を確認することができる▲老根別山(910.6m)・占冠村/二等『老根別』Y、他1金山峠(トンネル)を占冠側に抜けると右手に駐車スペースがあるその奥が林道入り口となっている雪壁を乗り越えてスタート林道を200mほど進むと…左に急な作業道を分ける前回の失敗が脳裏をよぎり違うだろうとさらに進むが、消えてしまう😓急な斜面の上に道があるようだ無理やり上がって道に出るとさっきの急... 続きを読む
  • 年が明けてから奥山、伊之沢山、高峰、内大部山、中山と…幌内山地をやってきた残りがみえてきたので追い討ちをかけることに…▲天狗山(432.6m)〜御料山(491.9m)・芦別市/二等『天狗山』〜三等『御料山』Y・単独ペンケ川右岸に道路がのびるが両サイド畑のよう農道なのかな〜とドンドン進むと林道っぽくなってきた除雪最終点で準備してるといつのまにか、農家のおじさんが歩み寄ってきて鹿がどうの、熊がどうのの立ち話では、いってき... 続きを読む
  • ちょうど10年前に北日高岳にあがったことがあるが、当時の記録を収めていたUSBメモリーを紛失してしまい、詳細不明⤵️なので、あらためて踏み直し、さらに、幌内丸山までめざしてみる▲北日高岳(751m)〜幌内丸山(985m)・日高町Y・単独R237、日高峠を下りだすとスキー場の山が見えてくる先週で営業を終えたとのこと温泉Pから歩きだす一段登って、振りかえると銀嶺山爆音とともに2台のスノーバイクかと思ったら普通にオフロードのバイ... 続きを読む
  • 幌内山地の未踏も結構減ってきた残るは数山今日のターゲットは『中山』この山はやや厄介だこの山の北には一等三角点のある那英山があり続く南尾根に顕著な750無名峰があるで、その南の肩のような位置に『中山』の名がふられている東側からダイレクトに辿れる尾根もなく大きく北側から回り込むか南側から辿るしかない駐車の関係からも南からいくのが無難そう▲中山(679.8m)・中富良野町/三等『中山』Y・単独峠を中富良野町へ下ると... 続きを読む
  • 先日、駐車ポイントまできたんだけど…結構な風で転進した今日は満を持しての…快晴無風絶好の山日和今日登らないでいつ登る的な日▲信砂岳(927.2m)・増毛町/三等『信砂岳』Y、他1D94で西へ向かうとここらへん特有のテーブルマウンテンたちが見えてくるあれが目指す信砂かな〜御料峠らへんはまだたっぷりな雪増毛側に下ると除雪が行き届いている共栄橋手前が広いし、雪壁も低い!すぐに雪原へ踏み出すあれっ⁉︎ 眠いの?増毛側に下っ... 続きを読む
  • 2019(H31/R1)正月早々、快調な滑り出し…本道最北の1000m(島は除く)の屋根棟山、念願のパンケ!特急列車を間近に見ながらの常磐山。降りてきたら、張り紙されてた班渓幌内 涙おそらく何本かの指には入るであろう感動の芦別展望café。ニペソツには届かなかったものの大平(山)。思ったよりも遠かったトウヤウスベ。すばらしい展望と滑りだったハッタオマナイ。天気予報に翻弄され二転三転した雪の利尻。棚ボタ的ゲットとなったポロヌ... 続きを読む
  • ここも2度目の挑戦前回は現地に近づくと猛吹雪ほとんど見えない状況となりどこからくぐっていいかもわからず登山口にすら到達できず敗退最近、リベンジ系が多いな〜▲石山(1074.8m)・占冠村トマム/三等『石山』Y、他1トマム駅から2.5kmほど西に高架下通路があるが除雪されていなかったさらに東進し、駅から800m地点の通路をくぐることができた駅の真裏(南側)に回りこむとまもなく高速道路の下を通過する200mほどで除雪最終地点ふ... 続きを読む
  • 結構前の雪の降り始めスノーシューでめざしたことがある不安定な雪、小吹雪模様途中で嫌気がさしてやめてしまった以来、たまに思い出してはいたが気づけば…8シーズンも経っていた▲間足櫛山・愛別町/二等『間足櫛山 マタルクシヤマ』Y・単独於鬼頭峠(トンネル)愛別側P除雪の雪山を一段登るとすぐに林道540、沢筋の左岸尾根にとりつく右(東)へジグルと強烈な太陽640の南尾根にあがると左側に作業道がのびるこれを辿ってみる670... 続きを読む

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…
2017.10.15椎空知山から書き始めました。それ以前のものも少しづつアップしていきたいと思っています。

検索フォーム

熊ポテカウンター

熊ポテカウンターNOW

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR