FC2ブログ

☆椎空知山(942.8m) 2017.10.15

地形図では、稚空知山と表記されているが…
読みは、『シイ~』。三角点名は、『椎空知』…
から察すると椎空知山が正しいようだ…。

厳密な定義はよくわからないが…
襟裳岬から立ち上がった日高山脈はこの山を最後に十勝岳連峰へとつながる。
ネット検索すると残雪期の記録を散見することができるが、沢→ヤブの記録はわずか。
そこで、晩秋のこの時期、西佐幌川支流から沢を歩き、ヤブを漕いで山頂を目指すこととした。
スパ足袋。

▲椎空知山(稚空知山)

サホロキャンプ場から林道を右往左往する…
なんとか支流出合・463にたどり着くことができた。
橋手前に駐車し(数台可)、右岸作業道から歩く。
ここから先への車での侵入は難しい。
・463出合の橋

右岸から左岸へと渡り、少しだけヤブの作業道を歩くも面倒になる。
早々に沢へと降りると、そこはミニ滑のはじまりだった。
ミニ滑

550を左、610を右にとると間もなく沢は涸れ、笹のトンネルも出てくる。
700付近でほぼヤブとなるも背も低く、細い。空も青く、グイグイ進む。
ヤブからの青空

徐々に笹は太く、濃くなっていく。
油断すると体ごと跳ね返されるくらいのところも一部ある。
ヤブ

山頂から南東100m強ほどで頂稜に上がると、北~東の眺望がとてもよい。
ニペソツもウペペサンケも真っ白。
ウペペ方面

ここには二等三角点『椎空知』があるはず…
平坦で広大な笹原からはGPS頼みでもなかなか見つからない。
二等三角点『椎空知』

山頂からは、芦別・夕張方面、ニペソツ~ウペペサンケ
~然別山群、佐幌~北日高も見渡せる。
十勝岳連峰南部がひと際近い。
山頂からの十勝岳連峰

帰りは笹の台地を東に分け進む。
斜度が出てくると急に背の低いミヤコ笹となり快適にグングン下る。
550右股の方がヤブは薄く、楽だった。こちらがオススメ!
興味のある方は…


ログ
椎空知log

タイム
7:34 P(橋手前)→8:23 550左→8:51~9:00 小尾根乗っ越して610右股→9:10 670小休止 9:22→(680ヤブ突入)→9:46 730右岸尾根へ→11:15 南尾根935→11:22 山頂、三角点探し 11:47→(東面下降)→11:58 沢底→12:40 670水、小休止12:52→13:15 550二股→14:09 車 /登り3:48 下り2:22 総行動時間6:34

コメント

非公開コメント

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…
2017.10.15椎空知山から書き始めました。それ以前のものも少しづつアップしていきたいと思っています。

検索フォーム

熊ポテカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR