FC2ブログ

シラッケ山(625m)~640m峰・幌加内町 2018.1.28

政和地区十三線から小平蘂岳を狙った。遠方からのメンバーがほとんどで、道の駅での前泊…と気合を入れて臨んだ。
前日朝の天気予報では、土曜から日曜の昼前までは降らないようだ。ヨシ!
土曜の夕方現地入りし、まずは十三線入口付近の下見に向かう。ルオントまでは除雪もよいが…
これを過ぎると今日は除雪が入ってないようだ。それでも政和地区市街地を過ぎるまでは広く開けられていた。
十線川あたりだろうか?カーブ付近から徐々に開いている道幅が狭くなる。十三線入口、道路脇の雪壁ギリギリに停めてみる。
横は普通に1台通れる程度しか余裕がない。後ろから来た車が一度かなり減速してかわしていった。
これでは事故を誘発させる可能性がある。危険だ↓前来たときはもっと広く開いていたのだが…

▲幌加内町・シラッケ山(625m)~640m無名峰

まずはルオントの温泉に浸かり、メンバーの到着を待つ。もちろん私はレストランで片手に生だ!
3杯目に突入したころメンバーが揃った。この頃から激しく雪が降り出す…あれっ?
状況説明、検討…丸3年ぶりのリベンジではあったが、断念せざるを得なかった。
代替えはM-chanが地図を用意し、下見までしてきてくれた和寒峠西下の砂利川からのシラッケ~640付近とした。
スキー3、ボード1。

日が暮れた頃から猛然と降り出す。
シラ640前夜1
徐々に積もりだしてきた。朝には30センチ程度はあった…帰宅後のニュース。なんでも幌加内地区は250センチを超え、観測史上最高の積雪とか…
シラ640前夜2
当日朝から参戦のDz-kunと幌加内市街で落合い、和寒峠方面へと向かい、砂利川沿いの道を進む。よく除雪されていて最終地点で準備する。これはなんだろう?水道施設なのかな~
シラ640P
雪も小康状態、風も緩い。向かう尾根の先は見えないが、シラッケ山北尾根を目指す。
シラ640出発
まずは林道を進む。それなりに深いが軽い。・222付近でSBを渡り東進する。北尾根西斜面はそれなりの樹林だが、煩わしいほどではない。
シラ640取付
シラ640登り2
390で北尾根にのり、・434と進んでいく。比較的広く、波打たない登りやすい尾根だが、終始左から風にたたかれ、バラクラバで覆えない顔面露出部位が痛い…
シラ640登り3
100分程度でシラッケ山頂となる。こんな天気でもみんな滑る気満々。まずは南西面を1本やってみることに全会一致 笑
シラ640シラ山頂
やや斜度は足りないが、ピットテスト! 『60センチ付近に怪しい弱層あり!』さすがにT先生、手慣れている!
シラ640PT1
みんな楽しそうだ! 雪がいい! 自分はウロコ。しかも細いほうのベクターのため、走らずとまってしまう 涙
シラ640滑降2
シラ640滑降3
単調な尾根を黙々と先頭を入れ替わりながら進むと前方に白い640m峰が浮かぶ。江丹別峠から塩狩峠にいたる丘陵的な山並の最高峰だ。名前がないのが残念…
シラ640フロント
640峰の南西面を1本やったが、寒くて写真なし…登り返してさらに冬路山方面に向かう。
・568先のJPにて、背景は640峰の裏側
シラ640バック
緩い出だしから北東面へ落とす。
シラ640滑降4
435まで滑り、トラバース気味の登り、水平移動を繰り返し、640峰北尾根520から北東面に本日最後の滑降…・222で林道に当てた。


興味のある方は…

ログ
シラ640log

タイム
7:43 除雪最終点→7:49 ・222付近、SB→7:56 取付→8:34 ・434→9:24 シラッケ山→9:35 600、ピットテスト 10:07→(南西面滑降)→10:22 540登返→10:57 640峰 11:36→(南西面滑降)→11:51 510登返→12:24 冬路山北東580 12:40→(北東面滑降)→13:02 430TRV→13:35 640北尾根上520 13:49→(北東面滑降)→14:10 ・222林道出合→14:13 P /総行動時間6:30

コメント

非公開コメント

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…