FC2ブログ

臥牛山(1071m)・新得町 2018.2.25

オダッシュ山と道東道をはさんだ北側には、
牛が横たわったように見えるということから『臥牛山』と呼ばれる山がある。
十勝側から高速道路で西側に抜けようとするとこの白い山が目につく。
気にはなっていたが、最近まで名があることを知らなかった。
1022~1071~1038らへんのなだらかな様相の一団をさすのだろう。
1038をそう呼ぶとする記載もあるが、あきらかに山頂部は1071だろう。

縦走途中に踏む場合はさておき、
この山単独を踏もうとすると新得側から3つほど線が引ける。
しかしながら、情報がほぼない。
この山に限らず、道路の除雪状況・駐車ポイントを事前に把握することが成否!
というわけで…


▲臥牛山(1071m)・下見  2018.2.24(土)

東ヌプカウシを早々に切り上げ、新得市街へ移動する。
風が強く、全体に煙っていて視界もよくないが、目指す山は見える。ホッ!
まずは新得市街地を抜けてから北へ向かう。
工事中の看板やら垂れ幕が目に付く。橋が落ちているようだ…
①パンケ新得川沿いに進むと西六線の・287まで入ることができたが…
  突き当たりには酪農家。『立入禁止』の立て札が目立つ。難しそうだ…
②一旦T字路までもどり、川沿いをさらに北西へ進んでみると…
  約700mほどさきの橋まで入ることができるがやや遠くなるか…
③西四線を南下しながら、除雪状況を確認する。
  ・231から西新得信号場を抜け、九号川の方へ向きをかえる。
  この先で大々的な工事をしている。橋が落ちたのだろう…
  この手前で鋭角的に曲がり、
  九号道路の延長上までくると西へ向かって除雪は進む。
  線路まで行きつく。
  この先で水道工事をやっているようだ。これは近い!
この後、畜試方面も見てみるが、③しかない!

西六線・287付近からの1038m東面
牛下見1
西四線・231付近からの臥牛山
牛下見2

なんだかんだで約2時間を要した。あとは明日の天候次第…


▲臥牛山(1071m)  2018.2.25(日)
 ~九号川ルート

『Gagyuuzan』
スキー4。
今日は昨日よりも風が強い。朝8:00新得駅Pに集結し、ルート確認等行い、現地へ向かう。

九号道路は線路でドン詰まり。ここにはゲートがあり、線路に沿って北の九号川へ向かう。
牛1G
沢の右岸を高架下をくぐると間もなく道は消失する。
牛2高架
すぐに畑?牧草地?…オダッシュへと白い裾野が広がる。
牛3裾
250mほどで右手の沢へと向かい、枝沢をSBで渡り、本流右岸を進む。倒木で荒れた九号川を365で左岸へ渡る。
牛4橋

すぐに左岸にのっかり、西北西へ進路をとる。
495の送電線手前で登路となる尾根を目視にて決定。山頂から1本東の尾根がよいようだ!

530で小腹が空く。オダッシュを背景に小休止。
牛5休580
リスタート…進行方向は同じ。満を持してO-sanがグイグイ先頭を行く。
牛6登り0
660で一旦沢へ下り、1本左(西側)の目指す尾根に取り付く。疎林の良い斜面の登りが続く。
牛7登り
オダッシュを背に雪庇の稜線へあと一息。
牛8登り2
ちょうど雪庇が低く消失したポイントがあり、そこから稜線へ上がる。
牛9稜線直下
稜線は強風が吹き荒れ、シェルのフードをしっかり被り、山頂へと向かう。
牛11稜線2
お約束の山頂写真!
牛13山頂1
東には1017~1022m峰(串内山?というのかな?)
牛14山頂2
山頂ではとてもノンビリしていられない。一段下ってシールを剥がし、下降開始。
牛15下降1
広い吹きっ晒しの尾根を下る。右に1038m、左の白い三角は狩勝山。
牛16下降2
稜線に上がったところから忠実に降りる。一段降りて稜線上を見上げる。雪庇に立つ!
牛18下降4
1038mへと続く雪庇の稜線
牛滑降5

滑降編
尾根上部
牛滑降1
牛滑降2
牛滑降3
牛滑降4
・993コル沢へトラバース
牛滑降6
コル沢を滑る
牛滑降8
牛滑降9
牛滑降10
牛滑降11
牛滑降12
沢下部
牛滑降13
撃沈↓ 『おーーーい!』
牛滑降14
牛滑降15
まずまず今日も良い山でした! おおいに笑えて楽しかった!


興味のある方は…

ログ
臥牛山log

タイム
8:59 ゲート→9:04 JR高架通過→9:24 370倒木渡り→10:03 495送電線手前→10:23 535、小休止 10:34→10:48 660BTM、右岸尾根取付→11:33 910、スキーアイゼン 11:51→12:06 960稜線→12:19 山頂→12:25 1045、滑降準備 12:41→12:51 850から993コル沢へ移動→13:07 700BTM、右岸下降→13:15 505送電線下→13:21 495往路復帰→13:51 高架、シートラ→13:57 P
/登り3:20 総行動時間4:58
関連記事

コメント

非公開コメント

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…
2017.10.15椎空知山から書き始めました。それ以前のものも少しづつアップしていきたいと思っています。

検索フォーム

熊ポテカウンター

熊ポテカウンターNOW

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR