FC2ブログ

緑岳~小白雲岳(1966m) 2018.6.10

今日は高原温泉ゲートが開くというので、緑岳方面の偵察山行。
なので、スキーにしたいところをグッと堪えてのツボ!

▲緑岳(2019.9m)~小白雲岳(1966m)

単独(登山靴+アルミ12本爪)…のはずだったが…
知り合い3人組(スキー)と合流

上川町のHPには、9:30開通とある。がしかし…
かなり早朝から開いていたらしい↓
来てみると車がズラー↓
緑-小白雲1
温泉脇から奥へと進み、右の山裾へ入り込むとすぐに雪に覆われる。
ここから展望台手前の1400付近まで途切れながらもほぼ雪…

1330から1380で左にグッと折れるまでは、硬い雪のトラバース。
迷わず、アイゼン装着!
緑-小白雲5
展望台(尾根)手前の1400付近では、短いながらも際どいトラバース。
しかも谷側が一部崩落している↓
緑-小白雲6
展望台は尾根上にあり、日当たりが良いのだろう。
このあたりは雪はない。
緑-小白雲7
展望台後も2箇所ほど残雪があるが、そう遠からず消えそうだ。

斜度もグッと緩み、1525で視界が開けると大雪原が広がる。
石狩連山を背景に…タフな3人組!
緑-小白雲8
約1km先のエイコの沢の崖っぷちまでほぼ直線的に進む。
青空、残雪の緑岳~東岳…最高のお散歩!
緑-小白雲9
山が近づく。
3人組はあの雪渓を滑るのが目的らしい…ちょっと悔しい↓
緑-小白雲10
この岩場から取り付いて台地状の尾根にのる。
緑-小白雲11
シュルンドの雪が結構薄っぺらい…『おーい、下は空洞だぞーー!』
緑-小白雲12
緑岳山頂直下から
辿ってきた大雪原を見下ろす。
緑-小白雲14
武利岳~武華山。大雪湖もチラッっと…
緑-小白雲15
忠別岳~高根ヶ原
緑-小白雲16
2年ぶりの緑岳山頂…2019mってことは来年は標高年だ!
話には聞いていたが、想像以上に白雲岳南東面には雪がない。
あれやこれや協議の結果…残雪を伝って、3人が未踏の小白雲岳へ向かうことに決定!
ちなみにYは2度目だが、前回は真っ白で何も見えなかった…
いつか再訪と思っていたので…むしろ、ちょうど良い!
緑-小白雲17
エイコの沢の雪渓上部は縦走路脇まで残っている。
シューッといきたいな~ぐっ
緑-小白雲18
白雲小屋への分岐を下り、まずは雪原を小屋方向へ…
緑-小白雲19
なが~いクラック…試される長さ 笑
緑-小白雲20
左手の尾根状のポコの小白雲岳へ向かう。
緑-小白雲21
後旭岳、左下方に小旭岳
緑-小白雲23
ハイマツと岩から突端の岩ポコへ
緑-小白雲24
ここからはいつもと違ったゼブラが広がる。
緑-小白雲25
ヤンベタップ右岸の残雪…そろそろ庇から堤へ。
雪のあるところとないところ…白と黒…春の山はいいな~!
緑-小白雲26
そんなにのんびりダラダラとしたわけでもないが…
せっかくの高原温泉…入浴時間に間に合わず↓↓

帰宅して調べてみると…
緑岳は18年間で5度目。表大雪山系の中では結構登ってる山のようだ…
緑岳の三等三角点々名は、『南大石狩』。白雲岳が三等、点名が『大石狩岳』。
白雲岳の南側にあるからなのかな?
因みに赤岳は二等で点名は『幌加石狩岳』。
表大雪に括られるが、この東側の山列がそもそもの石狩山地なのだろうか?
表に対して、裏大雪なのかも…
表側より好きだな~


興味のある方は…

ログ
緑-小白雲log

タイム
9:21 温泉脇P→10:09 1425展望台→10:28 1525大雪原始まり→11:11 エイコの沢右岸の岩崖 11:28→12:36 緑岳 12:58→13:12 小屋分岐→13:58 ・1966→(14:05 西端ポコ 14:20)→14:26 ・1966→15:17 緑岳→16:17 岩崖 16:34→16:59 1525下降→17:38 温泉
/岩崖まで1:50 緑岳まで1:08 小白雲まで1:00 緑岳まで0:51 岩崖まで1:00 温泉まで1:04

コメント

非公開コメント

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…