FC2ブログ

正月道北ツアー②-1 屋根棟山・枝幸町歌登  2019.1.3

利尻を除けば…
本道最北の1000m峰といわれる函岳。
堂々とした大きな山体から
四方に尾根を延ばす。
北東尾根上…すぐ隣に1030峰
そこから北西に延びる尾根は
咲来峠へと向かう。
この尾根上の長い高まりが屋根棟山。
1039mなので、こちらが最北!
まっ微妙ではあるが…

夏期に函岳から眺めると…
ただの尾根
屋根棟50
(H30.8.5 函岳山頂より、Y撮影)

しかし、冬季には…
その北面に白いすばらしい斜面が広がる!

咲来峠やその南側の尾根からの記録が
散見されるが…

今回は北側からやってみることにした!!

▲屋根棟山(1039m)・枝幸町歌登 ~・955北東尾根

前日、士別から北上し
歌登本幌別地区に直行した。
農家さんに駐車のお願い…
快諾頂いた!
ありがとうございます!!

ってことで…
二日目 2019.1.3(木)  Y・他3

6:00、まだ暗い。
さほど冷え込んでいないのが救い!
屋根棟1
暗い中での準備は忘れ物をしがち…
さてと大丈夫そうなので、いきましょう!!
屋根棟2
多分、牧草地であろうカマボコ尾根を黙々と…
やがて白み出す!
屋根棟3
440付近から東へTRV
朝! 太陽っていいですね!!
屋根棟4
・569北東コル、案外狭い中を通過
屋根棟5
一旦460付近まで落とし、登り返す。
510で小滝が埋もれているような
段差を無理矢理上がると低灌木が煩い…
屋根棟6
目指す・610は正面のコンモリ
その左を狙う!
屋根棟7
・610南東コルから沢へ下降する
屋根棟8
580沢底は開き、小滝がパックリ!
屋根棟9
590まで上がると渉ることができた。
ここから、やっと本体への取り付き!
屋根棟10
670まで上がると出発地方面が見えてくる…
屋根棟11
700で突然岩尾根! 右から巻き上がる!!
屋根棟13
750で巻き終えると…
疎林、垂涎斜面が広がる。
屋根棟14
850、もう一息で稜線。
屋根棟15
890、一気に緩む。まもなく稜線。
屋根棟17
稜線950。
延々と白い世界が続く…
ここから30分強を要した。
屋根棟18

②-2へ続く


コメント

非公開コメント

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…
2017.10.15椎空知山から書き始めました。それ以前のものも少しづつアップしていきたいと思っています。