FC2ブログ

小白雲岳(1967m) 2016.3.13

3年前の記録です…


▲小白雲岳~小旭岳

Y、Dくん、Cくん、Yさん

旭岳スキー場から第一天女が原へと進み…
原始の森へ東進する。
旭岳南裾を進むこのルートは三度目
過去2回、いずれも白い日に↓
しかも単独↓↓
今回はドピーカン!
若者達に囲まれ明るく進んだ。
いろいろと劇的な日でもあった。
山行中に応急処置不能なまでにビンが破壊される…
こんな経験は初めてだ。
ユウセツ沢を横断し、
台地へ登っているときには青かったのに、
20分程度でスッカリ雲に覆われた。
風も強まり、小雪も混じり、真冬へと逆戻り。
小白雲に立ったときには、
すぐ後ろの白雲岳が見えない。
時間もおしていた…。
久しぶりの10時間行動。
酒浸りのオヤジには少々堪えた。
帰路の小旭は踏んでるので…
若者達で行ってもらった。

The Day の予感 
小白雲1
しばれる…
準備してる指が痛い!
小白雲2
スキー場からスタート
小白雲3
若者達の強力なラッセルに
引っ張られて進む
小白雲4
地形が複雑
山越え、谷越え…
小白雲5
遠くに十勝岳連峰
とにかくだだっ広い!
小白雲6
やっと…
右奥に小旭岳が見えてくる
小白雲7
小旭北コルまで
まだふたコブは越えないと…
小白雲8
キャンバス
小白雲9
ここからTRV気味に下る
小白雲10
ビン破壊  
小白雲11
小旭コルまでもう少し
小白雲12
ヤケクソ?! 
小白雲13
小旭岳北コルから左に白雲岳、右手前に小白雲岳
小白雲14
沢の向こうに忠別岳、右の平坦なのが凡忠別岳
小白雲15
旭岳南面の岩場
小白雲16
大雪原を小白雲を目指して
小白雲21
まだまだ遠い
小白雲22
このころはまだ青空だった… 
小白雲23
ガリガリの小白雲岳南西面をアイゼンで
小白雲24
最後の登り
小白雲25
なんだかんだ、6h20m要した。
小白雲岳山頂!
小白雲26
すぐ後ろの白雲岳が見えない…
寒い、指が痛い↓↓
小白雲27
小旭岳に向かう
小白雲28
白雲岳には届かず…
いつかリベンジ…

以下、感想…

今年一番であろう最高の天気、大雪山の絶景、
パーフェクトな1日だった。
途中までは…
小旭岳手前のトラバースでビンディングが破損、
なんとかツボ足で付いて行こうと試みるが
膝ラッセル&二日酔いにて撃沈。
一人小白雲岳は諦めて斜面を登り返し、
所々深い雪に苦労しながらも
旭岳西斜面をトラバースし無事下山した。
今回、ツボ足でかなり体力を消耗したことから
改めてギアの点検、メンテナンスの重要性を感じた。
(Dくん)

天気も良く最高の1日でした。
旭岳の裏側には
非日常的な幻想的な風景が広がっていました。
(Cくん)

全員の日頃の行いが良かった為、
晴天に恵まれ素晴らしい景色を眺めながら
気持ちよく歩く事が出来ました。
初めて真っ白な山奥に入り、
ポツンとちっぽけな自分がいた
あの時の気持ちがよみがえり
『あ~やっぱりこれが好き!!!』
と強く感じました。
雪があるからこそ入ることが出来る領域は、
やめられない止まらない、
まるで『かっぱえびせん』でした。
(Yさん)

(2019.6.1)


ログ
小白雲log1
小白雲log2

タイム
6:28 RW旭岳駅P→8:25 c1470小休止 8:42→9:25 c1550~1530乗越,Dビン破損,TRV 9:51→10:02 小旭岳北コル,D離脱 10:25→12:01 c1810~50昼食,アイゼン 12:30→12:49 小白雲岳→14:01 小旭岳北コル→14:16 小旭岳→14:52 裾平下部c1500シール脱 15:08→16:26 P
/小白雲岳まで6:21 総行動時間9:58

コメント

非公開コメント

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…
2017.10.15椎空知山から書き始めました。それ以前のものも少しづつアップしていきたいと思っています。

検索フォーム

熊ポテカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR