FC2ブログ

前トムラウシ山(1649m) 2016.3.27

3年前の記録です…

残り数山となった表大雪の未踏峰
前トムラウシ山を目指した。
あわよくばトムラウシも…
と思ってはみたものの…

▲前トムラウシ山(1649m)/トムラウシ冬尾根~夏尾根

Y、他1

まだまだ冷え込む早朝
堅雪の林道を進む。
こんもり雪の載った緑雲橋を渡りきる…
すぐにユウトムラウシ二ノ沢林道へ左進。
40分ほど進み右岸尾根に渉る。
沢は結構開いており、使ったSBも帰りはどうかな~

作業道の痕跡を繋ぎ…

1006を左から巻き上がると急登が始まる。
前トム1
c1200手前でカリカリガリガリに堪らずクトー装着する。
 
c1350で台地上の夏尾根に上がる
右にトムラウシ
前トム4
やがて左手にトム、右手に前トムが現れ、
終始彼らを見ながら進む。
前トム2
c1390でシール・クトーをはずし、
カムイサンケへと飛び込む。
北斜面が幸い
重パウを楽しむ。
前トム5
ちょうど函の上に降りたようだ
前トム7
再びシール装着し、左岸斜面を登り返す。             
前トム8
夏尾根を振り返る
昨年のコスマヌプリと同じような地形だ。
前トム9
カムイサンケの中尾根を乗っ越し、
右股沢沿いに高度を上げる。
前トム10
前トム前衛峰基部を西から北へと回り込む。
トムと南尾根のポコ達の東面には
広大な白い世界が広がる。
前トム11
北コルからはアイゼンを装着し、
強風にたたかれながら一歩一歩進む。

前トム山頂 後方に十勝岳連峰             
前トム12
山頂でガッツPしてみたものの…
なにせ背に
パンケトムラ(通称西沢)の広い源頭から
立ち上がるトムラウシは高く、大きかった。
前トム15

12:00北コルへともどり
トムラへは向かわないと決定!
その分、時間に余裕ができたので…
夏尾根を下ってみることにする。

トムラを背景にゆったり下る                 
前トム17
カムイサンケ左岸
重い↓↓
前トム18
夏尾根を下る                         
前トム19
ニペソツに向かって
前トム21
石狩連山に向かって                     
前トム22
左から1898峰、トムラウシ、前トムラウシ
前トム23
最初の内はニペソツや石狩連山に向かって
雄大な滑降ですばらしかったが……

高度が下がると…
登り返し・平坦・濃いヤブの急斜面…
まいった↓↓
やはり夏尾根は夏なのだろう~
前トム24
最後はドロドロ

(May.31、2019)

ログ
前トムlog

タイム
5:17 温泉P→5:35 ユウトムラウシ二ノ沢林道→6:16 取付→9:00 夏尾根c1390,シール脱 9:19→9:29 カムイサンケナイ川,シール 9:43→11:06 北コル,アイゼン 11:28→11:44 前トム 11:51→11:59 北コル,スキー 12:16→12:40 カムイサンケ→13:20 夏尾根 13:45→15:43 P
/登り6:27 下り3:52 総行動時間10:26
関連記事

コメント

非公開コメント

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…
2017.10.15椎空知山から書き始めました。それ以前のものも少しづつアップしていきたいと思っています。

検索フォーム

熊ポテカウンター

熊ポテカウンターNOW

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR