FC2ブログ

ベッピリガイ山(1307.3m) 2016.9.19

2年前の記録です。

今日は、ペテガリ連絡路から
峠を越えて、ベッピリガイ!

この山は中ノ岳南西尾根上1445峰の北西尾根上の山である。
また、ペテガリ沢とベッピリガイ沢の中尾根上のポコでもある。

いずれにしても、マイナーな山…
記録もあまりない…

▲ベッピリガイ山(1307.3m)

Y・他1、沢支度

車止めから沢へと下っていくと正面にニシュオマナイ岳(1493峰)。
ベッピリ1
はじめて、神威山荘に来たとき…
この山を見て、『神威岳!、神威岳!!』 と
騒いだのがなつかしい 笑

ニシュオマナイ川、
水は多目、先の林道にも水が溢れていた。
ベッピリ2
連絡路の倒木は前回と変わらない印象
台風の影響はさほどでもなかったのかもしれない。
峠直下の詰めの泥壁は降雨のせいでズルズル。
残置がなければ、難しかったかもしれない…
ベッピリ3
峠を下っていくと複数の重機の音…
集材作業中かな?
ベッピリ4
c504を経由せず…
真っ直ぐ土場を突っ切ってベッピリガイ沢に当てる!
右岸には立派な作業道が奥の方まで…

さて本体の登りは、c535左股南面沢を検討してきたが…
とにかく気温が低い! 濡れたくない!!
そこで作戦変更! ヤブ尾根!!
途切れ途切れの鹿道を繋ぎ、c825へ
笹はそこそこ濃いが細い。
背丈もそれほどでもない。
c825からは比較的明瞭な鹿道登山道!
c1270付近で稜線に上がると鹿道は途絶える。
山頂は目前…がここから、這松と笹のミックス…
右へ右へと進み、北側急斜面の際が登りやすい!
ヤブに覆われた狭い山頂には三角点があった。
(ヤブ尾根の写真はありません…)

三等三角点『美利貝』
ベッピリ6.5
ご満悦なY(糸目)
ベッピリ7
シビチャリ~1839~ヤオロ~ルベツネ~ペテガリ~
中ノ岳~1445峰~神威~ピリガイ…
こんなに近くにグルッと見渡せる山もそう多くはないだろう。
展望の山だ。
労苦の対価としては十分だった。

1839方面
ベッピリ10
ルベツネ~ペテガリ
ベッピリ5
手前右端に中ノ岳
左奥に早大尾根
1463峰~1483峰~留取 だと思いますが…どうかな~
ベッピリ6
中ノ岳~1445峰
ベッピリ9
神威岳
ベッピリ8
昨日、辿ったピンネシリ(左)~アポイ
ベッピリ11
ピリガイ山
ベッピリ12
1時間半で一気に下る。ここから怠い…
ペテガリ山荘まで車で入れる日はこないのだろうか…

三石道の駅まで下ると、ほんのりピンク色に染まった日高山脈に見とれる。
ベッピリ13
写真では切れているが…
1839~ピリカヌプリまで、丸見え!
それだけでもすばらしい道の駅だ。
温泉も併設している。大絶賛!

my 車泊地 金か銀メダル!!

前日のアポイ~吉田~ピンネシリはこちら


(renewed in Dec.28,2018)


ログ
ベッピリガイlog

タイム
6:42 連絡路P→6:46 徒渉→8:15 峠→8:45 ベッピリガイ沢出合→8:59 c530取付→10:07 c825ポコ→10:54 c1010平坦地→11:44 c1270稜線→12:02 ベッピリガイ山頂 12:18→13:16 c825→13:57 ベッピリガイ沢出合→14:34 峠→15:40 P
/登り:5:06(ベッピリガイ沢出合まで 2:03 ベッピリガイ山まで 3:03)
/下り:3:22(ベッピリガイ沢出合まで 1:39 Pまで 1:43)

コメント

非公開コメント

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…