FC2ブログ

上川岳/白水川右股東面沢 2015.7.15

5年前の記録です
(H27.7.)


台風11号!
山中2泊3日の山行が変更…
おかげで (?)、リベンジがかなった!
2013年、c1400で核心部を終え、
未登頂のまま下山せざるをえなかった。
今でもそのときのくやしさが忘れられない!!
あんまりそうゆう執念深さないんだけどね
めずらしく…怒


▲上川岳(1884m)/白水川1125右股遡行~同川1275右股下降

Y、他2 (+2)

3度目の白水川
雪渓がギッシリ…
水が多く、とても冷たかった。
1度わずかに右岸を歩くものの
温泉マーク手前らへんまで
ほぼ左岸の巻き道を行く。

白水川本流から凌雲北尾根
(1973峰~上川岳)
上川1
イタドリが被った1125二股を右へ進むと…
すぐに、この沢最大の直瀑F1(20m)が現れる!
左岸尾根(岩)を登り、
左岸ルンゼを攀る。
上川2
岩盤を穿つ
窓から落ちるF1
上川3
微妙な草付をトラバースして落口へ降りる。
核心!!

樋状の階段瀑をへつったり、
シャワーを浴びたり…
上川4
c1320二股はともに滝となって出合う!
左股F2を右から越える。
上川5
崩壊した雪渓を処理すると…
すぐにF3!
前回は流心を登ったが、
水が多くて冷たく左脇から抜けた。
上川6
このあと、何も出てこなかった…

前方に柱状節理…左から抜け上がる
上川7
c1580、ガレの二股
右をとる…やがて急なお花畑へ。
上川8
c1700で右奥の岩稜と中央の大岩の間へ…
上川9
堪らず、アイゼン装着
上川10
笹ヤブとお花畑が交互に現れ、
左前方に山頂部へと続く高まりが見えてくる。
笹を少しだけ漕ぐとハイマツなし!
上川12
ほぼピンポイントで山頂へと(20m北側)突き上げた。
ルート取りがうまくいったことにほくそ笑む。
上川16
北へ 朝陽、小槍、ニセカウ
東へ アンギラス、平山、屏風、武利
上川11
白水川が作る谷
上川13
北鎮~比布
上川15
桂月の裾に白水本流の雪渓
上川17
1973峰…惹かれます!
上川21
丸い凌雲ドームの手前に
重なる1973峰のギザギザが
どうしても、ゴジラに見えてしまう…

下降は、c1275右股沢を使うことに
c1400、c1300には30m級の大滝があるとのこと…

下降中友人パーティーに出会い、
行動をともにしたのだが………汗

c1275右股沢の大滝(c1400)
上川22
この滝の処理でトラブル発生
2:32を要して、やっとの思いで1275本流出合に辿り着いた。
おそらく、一生忘れられない出来事となるだろう…

c1300の大滝
上川23
c1275二股(右股)
上川24
本流も雪渓に覆われていた。
上川25



(2019.8.1)

ログ
上川岳log

タイム
5:46 白水橋→6:50 白水4号橋奥→8:20 1125二股→8:30 大滝の高巻 9:02→9:42 c1400滝場終了→10:54 1570ガレ二股(右)→11:37 大岩下→12:45 上川岳 13:31→14:26 c1430知り合いPに遭遇→14:32 大滝上→16:26 1420左岸尾根下降→17:04 1275二股 17:14→ここからMのlog 18:17 1125二股→19:18 1002標高点→20:00 白水4号橋→20:55 白水橋
/登り6:59 下り 1430まで0:55 1275二股まで2:40 白水橋まで3:46  /総行動時間15:14
関連記事

コメント

Y-zawa

Re: 懐かしい!
『獅子口の滝』と…
なるほどーーーー!
窓の滝だとか穴の滝だとか
貧相な呼び方してました 汗

Xの滝
しかないですよね!

カナリーヌ

懐かしい!
私は2014年の8月でした!
全く同じルートですね!
宜しければ、当サイトの右上フリーエリアに
検索バーがあるんです!
ちなみにf1の直爆、〖獅子口の滝〗と名付けました。
そして下降の1400は、Xの滝!
ピッタリでしょー?

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Y-zawa

Re: 温泉マークの上は、
チューケンさん、こんにちは!

ここらへんも探索されてたんですね!

3年前の台風4連発でここの林道も
かなりやられたと聞いています。
その後どうなったかはわかりませんが…

層雲峡界隈では比較的入っていきやすい沢
だったので…残念です。

地熱開発も頓挫したとか…

チューケン

温泉マークの上は、
こんなふうになってるんですね。
以前数回、源泉探しに付近一帯をウロチョロしてました。
上流部に行ってみたかったのですが、自分の実力では無理だと感じました。
憧れますね~!
非公開コメント

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…
2017.10.15椎空知山から書き始めました。それ以前のものも少しづつアップしていきたいと思っています。

検索フォーム

熊ポテカウンター

熊ポテカウンターNOW

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR