FC2ブログ

パンケヌーシ岳~芽室川左股 2015.8.2

4年前の記録です…


▲芽室川からパンケヌーシ岳(1746m)

Y、他2

登山道の最初の丸木橋から入渓する。
『綺麗、綺麗』を連発しながら進む。
芽室川1
入渓から苔蒸す綺麗な渓相が続く。
芽室川2
730、ナメてくる!
芽室川3
750過ぎ
足慣らしにヘツル
芽室川4
落ち着いたよい雰囲気
芽室川5
805で左岸から1本入り、越えると沢幅が狭まる。
810、二股付近
芽室川6
820、水路
芽室川7
880二股、左から上がる。
芽室川9
930、樋状
芽室川8
1000、階段状の小滝を軽快に上がる!
芽室川11
流倒木が増え、一気に興ざめだ。
1050、倒木がもったいない↓
芽室川10
1080、雪渓が崩壊していて助かった!
芽室川12
青空の下、気持ちのよい沢日和も
いつしかガスに覆われてくる。

1210の小滝
回りはグズグズ↓
芽室川13
1280を右にとると直登沢…が、ガスで先が見えない。
左股は逆層気味の段瀑で10mほどで出合う。
降雨の予報はなかったが、ドンドン濃くなるガスが気になり、
左股から早く夏道へ抜ける方を選んだ。
芽室川14

この後は何もなく、お花畑へと続く…
淡々と高度を上げる。
やや増水気味なのか、1450まで水流!

ミヤマハンノ木(多分?)とナナカマド
わずかに漕ぐ…
あっけなく夏道に飛び出した!

ちょうど10年ぶりの山頂
今日も美渓に大満足!

南西方面
チロロ、1967、ルベシベ山が確認できた。
芽室川16
北西にはうっすら夕張山塊、芦別山塊が浮かんでいた。

下山は登山道を使用したが、随分とヤブが被っており、
沢の詰めよりも煩わしかった。

帰路ではスッカリ晴れ上がった!
芽室川17
芽室本峰~パンケヌーシがよく見えた!!

(2019.8.1)


ログ
芽室川log

タイム
7:24 丸木橋→10:21 1280二股手前 10:32→12:11 パンケヌーシ岳 12:54→13:34 夏道分岐→15:15 登山口P
/遡行4:47 下降2:21 総行動時間7:51

コメント

非公開コメント

Y-zawa

高さにかかわらず、道のあるなしにかかわらず、北海道の山を年がら年中登っています。はじめて見る景色に感動したり、ちょっとガッカリしたり…
2017.10.15椎空知山から書き始めました。それ以前のものも少しづつアップしていきたいと思っています。

検索フォーム

熊ポテカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR